運転免許は男女問わず、日本人にもっとも普及している資格の一つと言えます。自動車の運転ができると、買い物や通院など日常生活においてとても便利です。

もっとも一般的な資格の一つ

今の世の中、日本中にはさまざまな資格が溢れていますが、その中で男女問わずにもっとも広く普及している資格といえば、運転免許ではないでしょうか。
運転免許の取得資格を得るのは十八歳からで、高校卒業と同時に自動車教習所へ通って運転免許を取得するために座学と実技教習を受け始める人は、とても多いと思われます。
日本は自動車の他にも電車やバスが発達しており、たとえば東京で暮らしていれば、縦横無尽に走っている地下鉄やJRなどのおかげで、日常生活においてはほとんど不便を感じることはありません。
終電は日付が変わってからですので、夜遅くまで遊んでいても帰宅することもできるでしょう。
とくに今日のように飲酒運転に対する罰則が厳しくなっている現状においては、忘年会や新年会などをはじめ、女子会や同窓会などお酒を飲んで楽しみたい人たちにとっては、どのみち自分の車を運転して帰ることはできませんから、電車やバスを利用することの方がかえって都合が良い機会も頻繁にあります。
加えて、自動車の場合には、どこに車を留めておくか、という駐車場の問題も浮上してきます。
行楽地などで駐車場に入るだけで何時間もかかってしまったり、長時間の駐車料金が高いなどの費用の問題も出てきます。
それでも尚、自動車の運転免許を取得する人が絶えないのは、やはり便利だからでしょう。
都会に住んでいても、遠くへ遊びに行くときには家族四人で新幹線に乗るよりも自動車で行った方が高速道路に乗ったところではるかに安くあがります。
日常生活の中でも、たくさんの食料品などを買ったときには車で来ていれば重たい荷物を持って歩くことがなくて助かることでしょう。
寒い中や暑い中を、ふらふらしながらバス停まで歩いて病院に行くよりも、自分の車で直接病院まで行くことができれば、格段に負担は少なくなります。
このようにいくら公共の交通網が発達していても、やはり自家用車のメリットは無視しがたく、結果として運転免許を取得しようとする人は大勢います。